FC2ブログ

3/31(土)岡田先生練

バスパートの伊藤です。

諸事情につき、2週間の不在大変申し訳ありませんでした。
出来るだけ音出しをして、ブランクないようにしていたつもりでしたが、さすがに久々の合奏は堪えました。
吹奏楽器奏者は特に体が資本かと思いますが、継続的に演奏していないと衰えますね。

今回は、初回指揮者錬まであと2回という中での岡田先生錬でした。
わりと絶望的な状況の中、ほんのり希望が見えそうな、そうでもないような感じで、スリルがありますね。
また、どんな状況でも、ごまかしや人に押し付けられず、ともかく自分で頑張ってみるしかないところが音楽の良いところですね。

定演錬も3カ月が過ぎ、それぞれ課題となっている部分は把握されているかと思います。
今回、指定テンポより一段落としての合奏でも、厳しい部分が多い中、焦る気持ちも大きくなっているかと思いますが、つじつま合わせで、使えない音で無理に当てにいったり、早いパッセージで適当に音を並べるだけでは、最終的に良い演奏にならないと思います。(音楽的に影響のない範囲で戦略的にオミットすることは否定しているわけではないです)

以前のコンミスからのお話にもありましたが、
こういう状況だからこそ、問題の部分をゆっくりさらってみて、課題の本質的がフィンガリングなのか、息の量なのか、スピードなのか、その他奏法上の問題なのかを冷静に分析し、課題解決に取り組んでみてはどうでしょうか?
また、出来ない/厳しいと思って取り組むのではなく、出来るはず/出来ないはずがないと思って取り組むだけでも、ちょっとは変わったりするのではないかと思います。

新しいメンバーが続々と入団し、うれしい限りですね。
4月上旬、まだまだ見学の方増えるかと思いますので、積極的なコミュニケーション、フォローよろしくお願いします。
また、身近に所属フリーでこれはという方いらっしゃいましたら、積極的に勧誘/見学お願いします。
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック