2/17 練習

お疲れさまです。クラリネットパートの相木です。
今日は、高度な技術への指標、エスカペイド、カンタベリーコラール、アルチュニアンのスミス以外の合奏でした。

・高度な技術への指標
和音構成を確認していきました。こういう確認をしていると、いつも思うのですが同じ音を出しているのに、和音の構成が変わるだけで、雰囲気もガラリと変わるんだな、と思います。速いパッセージの練習も大事です(実はバスクラにも所々あってビビってます)が、和音の構成も、しっかり練習の中でも考えていかなくてはと思いました。

・エスカペイド
部分的に取り出してさらに、同じ動きをしているパートごとに分けて合奏していきました。全員合奏では、もやもやしてて分かりにくい箇所も、同じ動きをしているパートごとに合奏していくことで、すっきりしてきますね。全員合奏でもその感覚を忘れないようにしたいです。

・カンタベリーコラール
この曲の合奏中、印象に残っているのは「自分はどのパートからのフレーズを受け継ぎ、どのパートへ渡すのか」ということです。周りを聞きつつ、受け継いだバトン(フレーズ)を渡すこと、しっかり考えて練習に取り組もうと思いました。

・アルチュニアン
トランペットのソロを横超さんに吹いていただいての合奏でした。ソロを吹いていただくことでどんな風にフレーズが流れていくのかを感じとったり、ソリストが入った状態に慣れていくことができます。ただ、ソリストの吹き方や作り方で変わってくるので、岡田先生のソロにしっかりついていくように、現段階で土台を作っていきたいです。

今回での合奏が来週、さらに先の練習へと繋げられるようにしていきたいです。
また、スミス三曲ばかり練習しないように、全体的にバランスよく練習していこうと思いました。
次回の練習も、頑張りましょう!
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック