FC2ブログ

2018年09月の記事 (1/1)

9/22の練習

コントラバスの山口です。

名東ウインドにお世話になって、そろそろ1か月になります。
まだまだ不慣れなところもあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

22日は、アンダーソン2曲、セプテンバー、シンフォニック・ダンスの練習をしました。

個人的に、特に難しいと思っているのがシンフォニック・ダンスです。
コントラバスの譜面は、ピッチカートが続く箇所が終わったと思えば、複雑なパッセージを弓弾きでやったりと、結構忙しかったりします。
また、音楽的にもジャズのリズムからはじまり、ラテンあり、メロディックな場面がありと、色々と盛りだくさんな曲です。
せっかくミュージカル音楽をやるので、聞いていただいたお客様が場面が想像できるように仕上がるといいなと思っています。
イメージを膨らますために、原作映画を見たり、オケ版を聴いたりするのもいいかもしれないですね。


話は変わりますが、みなさま、楽器のメンテナンスはされていますか。

コントラバスの場合は、本体と弓をそれぞれ行います。

弓だと毛替え(馬の尻尾の毛)や、先端についている白色のチップの交換を行います。
本体の場合は、弦の交換をはじめ、駒(表についているアーチ状の木)が反っていないか、魂柱(本体の中に入っている表板と裏板に挟まっている木の棒)がズレていないか、板が剥がれて隙間ができていないか等など・・・を定期的に点検します。

不思議なもので、魂柱の位置を少し変えるだけで発音が良くなったり、駒を交換を行うだけで弾きやすくなったりと、ちょっとした調整で楽器が元気になります。

かく言う私も、しばらく調整にだしてないのでそろそろ出さないといけないな・・・


と、車の上がったバッテリーを交換しながら思う、今日この頃でした。


楽器と車のメンテナンスはお早めに!
スポンサーサイト



植樹祭イベント、9/15練習

当番の事忘れてました。
ここは思い出したことを誉めて欲しいEuph日下部です。

天候の思わしくないなかでの依頼演奏でした。
演奏が上手くできた、ということももちろん大事なのですが、通常での練習、演奏会とは違う環境で出向いていって演奏をして帰ってくることは、経験値上げにおいて普段は上げられないパラメータがグッと上がる感じがして結構いい感じです。今回の学ぶべき点は、「30分ワンコインは要注意」でした。


終わってからは通常練習でした。
(まだ時期的には)名前を言ってはいけないあの曲を何とかかんとか通した?のが成果ですね。『あれを仕上げるのか…』『やったことあるはずだけど全然覚えていない…』という暗澹たる思いに押し潰されそうです。とはいっても納期が迫ってもきているので何とかこなしていこうと思います。以上です。

9/1、9/8岡田先生練

前回、今回と岡田先生の指導で、シンフォニック・ダンスを除く曲+9/15にオアシス21で開催される植樹祭イベントの練習を行いました。
タンゴ、ワルツ、ジャズ、ポップス、アイリッシュ?など、一度にジャンルの曲を演奏しましたが、なんというか対応力のなさを痛感しました。
さらえてはいても、それっぽくならないところが、なんとも悩ましいですね。
それぞれの得意や好みはありますが、オーケストラとしての力や幅を増やしていくためにも、
色んな音楽を勉強し、良い音楽を届けていきたいものです。

定期演奏会後も、依頼演奏が2件と、なんだかんだ本番がたてこみ、
また残暑が続いていたこともあり、どうも気分が変わらずという感じもありますが、早いもので次の演奏会まで3ヶ月を切りました。
ということは、あと12回未満の練習回数で曲を仕上げなければいけないということで、そんなに余裕が無い状況かと思います。
一つ一つ曲を着実に仕上げ、できる限りクオリティーを上げられるよう、余裕を持って取り組んでいきたいものです。
頑張っていきましょう。

Tuba 伊藤