2018年02月の記事 (1/1)

2/24 岡田先生合奏

2/24練習は岡田先生の合奏で、高度な技術への指標、エスカペイド、
カンタベリーコラール、アルチュニアンを練習しました。


〇高度な技術への指標、エスカペイド
同じ動きごとに取り出して、音量バランスなどを指導していただきました。

〇カンタベリーコラール
コンミスの役割・重要性などのご指導いただきました。
コンミス(コンミスが吹いていないときはそのときのリーダー)に
合わせられるように気を付けます。
私のせいで合奏を止めてしまい、すみませんでした。

〇アルチュニアン
岡田先生の指揮では初めての合奏でしたが、
私が思っていたよりも早く、テンポもよく変わる!!
他の曲もですが練習しないと!と思いました。

強化練習もすこしずつ近づいてきました。
早め早めの練習を心掛けたいと思います。

サックス 鈴木
スポンサーサイト

2/17 練習

お疲れさまです。クラリネットパートの相木です。
今日は、高度な技術への指標、エスカペイド、カンタベリーコラール、アルチュニアンのスミス以外の合奏でした。

・高度な技術への指標
和音構成を確認していきました。こういう確認をしていると、いつも思うのですが同じ音を出しているのに、和音の構成が変わるだけで、雰囲気もガラリと変わるんだな、と思います。速いパッセージの練習も大事です(実はバスクラにも所々あってビビってます)が、和音の構成も、しっかり練習の中でも考えていかなくてはと思いました。

・エスカペイド
部分的に取り出してさらに、同じ動きをしているパートごとに分けて合奏していきました。全員合奏では、もやもやしてて分かりにくい箇所も、同じ動きをしているパートごとに合奏していくことで、すっきりしてきますね。全員合奏でもその感覚を忘れないようにしたいです。

・カンタベリーコラール
この曲の合奏中、印象に残っているのは「自分はどのパートからのフレーズを受け継ぎ、どのパートへ渡すのか」ということです。周りを聞きつつ、受け継いだバトン(フレーズ)を渡すこと、しっかり考えて練習に取り組もうと思いました。

・アルチュニアン
トランペットのソロを横超さんに吹いていただいての合奏でした。ソロを吹いていただくことでどんな風にフレーズが流れていくのかを感じとったり、ソリストが入った状態に慣れていくことができます。ただ、ソリストの吹き方や作り方で変わってくるので、岡田先生のソロにしっかりついていくように、現段階で土台を作っていきたいです。

今回での合奏が来週、さらに先の練習へと繋げられるようにしていきたいです。
また、スミス三曲ばかり練習しないように、全体的にバランスよく練習していこうと思いました。
次回の練習も、頑張りましょう!

2/10 岡田先生合奏

毎日一段と寒い日が続いていますね、帰りのミーティングが辛くなってきたFl 杉浦です。

この日の練習では、スミス3曲をひと通り岡田先生に見て頂きました。
臨時記号もアーティキュレーションも細かく、全体にテンポを落とした合奏でしたがそれでも私はついていくのに必死。周りを全然聴けなくなってしまいます。
でも各パートの構成や仕組みを確認していくと、同じモチーフを違う楽器が演奏していたり、うまく接続するようになっていたり、なるほど!と思うことが沢山ありました。
せっかくの合奏なので、しっかりと周りを聴いて、自分の位置を確認しながら練習する時間にしないといけないですね。

とはいえ、どの曲も難易度が高く、私には難しいよう出来ないよう、と言いたくなりますが(言っていますが笑)、岡田先生の「初めはゆっくりでいいから、自分に出来る速度で確実に吹くことを繰り返す事が大切。各々がしっかり練習していけば出来ると感じた」とのアドバイスもありましたので、少しでも自分の練習時間を作って、めげずに頑張っていきたいです。

では皆様、くれぐれも風邪には気をつけて素敵なバレンタインをお過ごしください!

2/3 練習

こんばんは!Fl八代です

今回は、アルチュニアン、高度な技術への指標、ルイブルジョワ、カンタベリーコラールの4曲を合奏しました。

・アルチュニアン
初見合奏でした。TPソロとの掛け合いや関係性を理解する事が重要だなぁと感じました。
さらにどのパートと自分のパートの動きが同じかを把握しておくと自然とまとまりが出てくると思うので、この曲では特にその様な事を意識していきたいです。

・高度な技術への指標
初見合奏でした。この曲は途中で何回もガラリと雰囲気が変わるので、その切り替えがポイントになるのかなぁと思いました。
そして所々早いパッセージがあります。まだゆっくりのテンポで合奏しているので、正しい音、正しいアーティキュレーションで慎重に練習していきたいです。

・ルイブルジョワ
この曲にはモチーフになっている動きが何度も形が変わって出てきますが、自分の気付かなかった所にもあったのでとてもビックリしました!
この曲にも早いパッセージがあるので、丁寧に練習していきたいです。

・カンタベリーコラール
この曲は時間の都合で最後に1回通しただけなのですが、やはり他曲と比較してテンポもゆっくりで技術的に難易度がそこまで高くない分、音の出だしや処理、ピッチ、他パートとのバランスが難しいなぁと感じました。
特に今日感じたのは、本当に息が続かないことです。スラーの中なのにどうしてもブレスをしてしまう場所がありました。どうにかします!


私が名東ウインドに入団してから約3年経ちましたが、今までで1番楽しいけど難しく、自分の成長にも繋がるプログラムだなぁと合奏で毎回感じています。
6月の本番までに完成させられるように、合奏も個人練習も頑張りたいと思います(。☌ᴗ☌。)

ありがとうございました!