2017年01月の記事 (1/1)

1月28日(土)練習

今週は普段より遅めの練習開始予定でした。時間通りに到着したもののマゴマゴしてるうちに、開場時間めがけて来られた日下部さんと渋谷さんがササッと椅子を並べいらっしゃいました。いつも頭が下がる思いです。ありがとうございます。

嶋崎さんの基礎合奏、毎回ためになることを教えて下さいます。今回も自分自身のことだけではなく、周りの様子をよくうかがいながら音を合わせる大切さを学びました。

嶋崎さんによる演奏会曲の合奏、自身は初見の練習でした。終始ゆっくりしたテンポの中にもどこに解決を置いて演奏するかなど、音楽的な指示を頂くことで、なんとなくですが曲想を感じることができたような気がします。派手ではないからこそ、それぞれの楽器の持つメロディーの意味を探りながら今後も研究を深めたいと思いました。

田内さんによる演奏会曲の合奏、つい調子にのった演奏をしてしまうことに、的確に指摘を頂戴してしまいます。合奏もただ回数を重ねるだけでなく、なるべく無駄や空振りを少なくしていかなければと思いました。その中でも、大事なメロディーを担当している時には主張したり大きく吹いたりすることも必要かと感じたりしました。

練習後のミーティング、西尾さんから「めいとう音楽会」のアンケート集計が配布されました。お越しになられるお客様の意見は毎回とても参考になります。次回の演奏会だけでなく、日々の練習にも生かしていきたいと思います。

年も変わり、見学に来られる方々も見られるようになりました。担当楽器のパートリーダーのエスコートはもちろん、団員の皆さんそれぞれの対応も大切かと思います。自分自身、初めて訪問した時はかなり不安でおどおどしていました。見学の方をお見かけした時は、パート問わず明るく声をかけあいましょう。自信を持って名東ウインドの明るく・楽しく・レベルの高い音楽活動を、多くの仲間に経験してもらいたいと思います。以上、いつも心は新入団員、トランペット横超でした。
スポンサーサイト

1月21日(土)練習

練習お疲れ様です。サックスパートの野沢です。

今日は定期演奏会に向けて初めての岡田先生の合奏で、ハムレットとオセロをやりました。
まだ数回しか合奏をしていない段階なので、今のうちに正しいリズムや音程、ハーモニーを確認しておくことが大切だと思います。個人練習では譜読みを、合奏では同じ動きのパートやハーモニーを確認して、だんだんと曲に慣れていけたらいいと思います。私もまだ曖昧な部分があるので、リズムは細かく分け、メトロノームをつけて練習しようと思います。
今回の定期演奏会の曲は音色音程など基本的なことがもろに出てしまう演目だと思うので、基礎練習もきちんと行いながら、譜読みを進めていきたいです。

1月14日(土)練習

お疲れ様です。初めて名古屋で年を越した渋谷@Hrです。

先週はついに夏の定期演奏会に向けた練習がスタートしましたね。新しい曲の楽譜にドキドキしちゃいます。

さて、今回は田内さんの指揮で「オセロ」、嶋崎さんの指揮で「ハムレットへの音楽」の譜読みでした。

譜読みの段階は上手く出来ない事が多い反面、発見が多いという楽しさがありますね。田内さん、嶋崎さんの指摘にもあったように誰とアンサンブルしているのか、どういう和声進行になっているのか、といった事にも着目しながら合奏に臨むと良いと思います。また、これまでにやって来た曲で指摘された事を思い出しながらやるのも良いヒントになると思います。

今回はかなり絞られたテーマでプログラムが構成されています。曲の内容を深く探究できる良い機会ですね。すでにシェイクスピアの本を読んでいる団員もいるようですが、曲と真摯に向き合って、発見とドキドキが連鎖する素敵な時間を過ごしましょう。