2016年12月の記事 (1/1)

めいとう音楽会2016は無事に終演いたしました。

昨日開催いたしましためいとう音楽会2016は大盛況の元、無事に終演いたしました。
当楽団初の試みとなりました昼、夜の2回公演、そして団員の腕試しの場であるアンサンブル発表会でしたが、大変多くのお客様にご来場頂きました。ご来場の皆様をはじめ、この演奏会を開催するにあたり、ご尽力いただきました関係者の皆様にあらためて感謝を申し上げます。ありがとうございました。

今後も皆様に愛される楽団を目指して頑張りますので、今後も変わらぬご支援の程、宜しくお願い申し上げます。


名東ウインドオーケストラ
楽団長 横田 渉
スポンサーサイト

11/26、12/3練習

お疲れ様です。
クラリネットパートの笹川です。
2週分の更新となり、
さらにどちらも途中からの参加でした…
重ね重ね申し訳ありません(;_;)

まず11/26ですが、
ポップスもクラシックもどちらもやりました!
今回のプログラムはとても大変な曲が多いですが、
その中でもポップスは、お客様がよく知っているものだと思うので気は抜けないなぁと改めて感じました。
特にビートルズや演歌、シャンソン等は広い年齢層の方がご存知なのでは…
せっかく知っている曲なのだから、思わず口ずさんでしまいたくなるくらい、気持ちよく楽しく聴いていただきたい!と個人的には考えています♩
そのためには、奏者である私たちが楽しみつつも、合わせるところをきちんとキメていかなければと思いました。
1812やくるみ割り、モンタニャールは個人的な反省だらけですが…
くるみ割りの最後のstringendoはなかなか難しくて…!くるみ割りの302〜等の曲を進めていく上でのテンポ表現に追いつけず(;_;)楽譜だけで精一杯になっている場合ではない!と痛感しました。

12/3はプログラム順に一通りながしていきました。
最も感じたのは、体力のなさでした。
どの曲にも全力で臨むけれど、その中でもペース配分は大切だし、思い切り表現をしていきたいからその分だけ体力も必要だし…
残り1週間で出来ることは限られているけれど、出来る限り楽器と向き合う時間をつくりたいと思いました。
そして、部分的に取り出すとできるけれど、通すとできない!意識がまわらない!ということが私は多々ありました…
きちんと要点を整理して、曲全体や周りとの絡みを感じながら演奏したいです。

どちらの練習にも言えるけれど、もっと音程を合わせていきたい!と思いました。どんなによい表現ができても、音程が合わなかったら気持ちよく吹けないし、良さもお客様に伝わるものも半減…
隣の人の音を、周りの人の音をよく聴く余裕が必要ですが(汗)、頑張りたいです。

音楽が好き、吹奏楽が好き、楽器が好き…!
そういう皆さんが集まり、こうして1つの音楽を創れること、そしてそれを誰かに聴いていただけること。これってすごく幸せなことだなぁとしみじみ…
冷え込みも厳しくなってきましたが、体調に気をつけながら、あと残り1週間!ラストスパート頑張っていきましょう!