2016年04月の記事 (1/1)

2016/4/23練習

この日は岡田先生に交響曲第4番 二楽章、三楽章、マンハッタン交響曲を診ていただきました。どの曲も音程、ハーモニーを特に細かく診ていただきました。
音程を合わせるというのは我々にとって永遠の課題ですが、それによって委縮してしまい、息が楽器に入らず、楽器がならないという悪循環は避けたいですよね。
楽器が良く鳴っていて、さらにハーモニーもバッチリってめちゃめちゃカッコいいっすよね!目標は高く!ということで。
気が付けば、稲垣先生の最初の合奏まで残り2週間を切ってるんです。GWでサラわないと間に合わないぜ!!

関矢でしたm(_ _)m
スポンサーサイト

4/16(土)岡田先生合奏

こんにちは✿St.bass水谷です。

春になって新しい団員さんがたくさん入団されましたね
私は入団した当初人見知りを発揮しまくっていましたが優しいおじさんズに迎え入れて頂き気付いたら4年経ってました。いつの間にかいろんなパートの人と話せるようになり、名東に入ってよかったなあとしみじみ思ったり。 名東の方はあったかい人ばかりですので見学を迷っている方がいたら気軽に遊びに来てほしいなと思います。 また、異動や新しい門出の季節でもあり、寂しいことですが今いるメンバーで演奏できるのもずっとではありませんので一回一回の演奏を大切に・楽しんでいけたらなと思います

練習の内容について。
横超さんによる基礎合奏ではFdurをアメリカっぽいイメージで吹いてみようとのことでした。
正直アメリカっぽい音ってどんな音だろう??とぴんとこなかったのですが per.民がイメージしたものを積極的に
音にして楽しんで演奏していました!自分なりのイメージを持って表現する姿勢が自分にはまだまだ足りないな・・と反省・勉強になりましたφ(..)

岡田先生の合奏ではイーストコーストの風景とバーンズの交響曲第四番1楽章を見て頂きました。
イーストコーストの風景は普段より少し早いテンポでの合奏でした。所々パート内・パート間でテンポの感じ方に
ずれがあるとご指摘がありました。強拍・弱拍をみんなで共有できるようにしていかなければいけませんが、
指回しなどで周りを聞く余裕がないとなかなか難しいことなので不安は各自で解消しておかないとですね。
個人的には早いテンポでのpizz.が必死すぎて余裕がないので特訓しないと・・とか思ってます。

また、イーストコースト全体でよく指摘されたのがpp、p、mpがゴージャスすぎる点でした。
2楽章だと割と神経使って音量制限するのですが1・3楽章だと楽しくなってしまって気づいたらどこもかも
盛り上がってしまってます笑 pの厳粛さ・緊張感を上手く表現できる団体になりたいですね。

3楽章ではfやffのところで張り切りすぎて音が破裂音になってたり濁った音になってたりするのが
気になってきました。ニューヨークの活気ある街中の風景を描いてる曲ですが、単純にパワープレイで演奏すると
子供っぽい演奏になるので注意したいです。fの表現の仕方も曲の風景をイメージして、風景に応じて
表現のバリエーションをふやさないといけないなと思いました。

最後に、バーンズの交響曲の練習について。奏者の人数が少ない箇所が多々あるので毎度緊張します。
これも反省なのですが練習不足が露呈して演奏に自信の無さが出てしまいました。。弓の圧の加減だったり
弓のスピードだったり細かい配慮が足りていなかったので個人練を重ねたいと思います。

8月の本番まであと4カ月となり折り返し地点に入ってきました。
少しずつ曲の風景に色を付けていけるよう皆で頑張りましょう!

4/9(土)練習

こんにちは!
TPパートの橋本です!
みなさん、新年度はいかがお過ごしでしょうか?
人によっては、住む場所を”移動”したり、会社内での部署を”異動”したり、また学校の卒業に伴って新たな学び舎に”移動”する人もいます。特に周りの環境に変化がない方でも心機一転して新たなことに取り組む人がいるのではないかと。このように新年度はいろんな意味で”転換”をする人が多いですよね。
そんな中、私たちもまた新たな気持ちで音楽に向き合っていかなければいけないかもしれません。

今週は田内さんによるイーストコーストの合奏でした。
合奏で田内さんがおっしゃったことは『楽しく音楽をしましょう』ということでした。私たちがどうして練習場所に集まってみんなで合奏をしてるいるのかを再確認してほしかったのではないでしょうか。もちろん、言葉の上辺だけをとってただ楽しく吹くことはその場限りの楽しみでしかないわけです。本当に楽しむにはやはり合奏に参加する前にどれだけ基礎、そして曲に対して向き合ってきたかではないでしょうか。田内さんが合奏中にある人に聞きました。「ここの場面はあなたはどのようなイメージを浮かべていますか?」また、「風景ものは伴奏をしている人が中心となって色付けしていくものだと私は思う。」なるほどなと思いました。今回の演奏会のテーマは”音で描く 風景の世界”です。演奏技術と同時に各自の曲に対するイメージが重要となってきます。そこで自分なりの曲に対する解釈があるかないかでは合奏中に得るものの度合いが変わってきます。そこで得た気づきというものは今回の演奏会だけだはなく、今後いろんな曲を取り組んでいく上で役立つでしょう。その気づきこそ本当の意味での”楽しい”ということではないかと合奏を振り返って感じました。

まだ若い未熟者が説教づらして語ることではないんですけど、田内さんの言葉から感じたことを書かせていただきました。
演奏会まで残り約4ヶ月、最初の強化練習までは1ヶ月を切りました。環境だけでなく、心も入れ替えて新たな気持ちで頑張っていきたいですね。

4/2(土) 分奏(金管・打楽器)

はじめまして!初投稿します新入りの浅田です(Per)。
足を引っ張らないように頑張りますので、よろしくお願いいたします!
そして、早く皆様のお名前を覚えたいのでイベント等積極参加しますのでよろしくどうぞ。

私は入ったばかりですが、演奏会まであと4か月なのですね。
チラシが完成しまして、いただきました。知人への宣伝も始めたいと思います。

それでは練習の方へとお話を移して。。
金管・打楽器は「アスファルトカクテル」を田内さんに見ていただきました。

普段より細かく誰がどこでどんなことをやっているのかを
知って、曲の仕組みを理解するのには絶好の機会だったと思います。

とは言っても、
アスファルトカクテルはアップテンポかつ変拍子。譜面を追いかけるだけでも必死です。

田内さんのお話「吹けずに音が出ないよりも良い音を出そうと必死でタイミングがずれると目立つので要注意」とのことでした。

テンポが速い上に変拍子だとメトロノームもうまく使えないですよね。。。
かと言って全部八分音符で鳴らすと迷子になってしまいますし。。

しかしその中で各拍の頭を捉えれればと思います。
7/8拍子でしたら、8分音符の1,3,5番目を感じ取れるようになれば、遅れることはないのかと。
その上で、7/8拍子の場合は8分音符を感じなければ、次の小節の1拍めの頭がうまくいきません。

私は打楽器ですので、演奏中口が空いてます。リズムを気にするときはよく口でリズムを刻んで合わせ込むことがあります。
特に休符があったり、音符の長さが長いときやテンポが緩やかなときにそれをします。
多分、細かな音符があるよりも休符があったり、音の長さが長い方がリズムを失ってしまうと思います。
そんな時は、一工夫して休符や伸ばしの音も演奏すれば、ズレはなくなってくると思います。

あまりちゃんとしたことは書けませんでしたが、今後もよろしくお願いします。

4/2(土) 練習(木管分奏)

みなさん、お疲れ様です。3月に入団しました、クラリネットパートの相木です。
練習日記に入る前に、軽く自己紹介させていただきますね♪
去年の3月に大学を卒業して、今年から社会人2年生になりました(^^)/楽器ケースにドナルドダックを付けている、人です。
もともと習っていたクラリネットの先生からこちらの楽団を紹介していただき、2月の終わりに見学、そして3月から入団させていただきました。早いもので1ヶ月も経ってしまいました。
みなさんと楽しく、音楽を作っていきたいと思っています。これからもよろしくお願いします!!

さて、今日の練習ですが、私は仕事で途中参加、分奏からの参加になりました。
そして曲目は「アスファルトカクテル」。
この曲、実は私はまだ一度も合奏で吹いたことがありませんでした。すみません・・・・・。なので、この合奏でしっかり曲全体を把握していうことが大きな目標でした。
この曲、たくさん拍子が変わりますね。8分の7拍子とか8分の7拍子とか8分の7拍子・・・・。私、こういう拍子をとっっっっっても苦手にしているのです。なので、ずっと指揮者をじっと見てどんな風に振っているのかを手で真似して数えては吹き、数えては吹きを繰り返して8分の7拍子をひたすら自分の中に植え付けていきました。そして、なんとか8分の7拍子を感じることができました(・_・;)
この曲、連符もたっくさん出てきますね。私がいつもなりがちなのが、連符に必死になりすぎて周りが聴けていなくて、終着点があやふやになってしまうのです。とくに、分奏をしていると周りも連符。周りの音を聴きながらつながりを意識したり、どこで全員が揃うのか、今はこの楽器とこの楽器がかけ合いになっているのか、などなど今回の分奏で指摘があったり、自分が気づいたりと、吹きつつ注意していかなければいけないな、と感じました。

練習日記、というよりかは私自身の反省ばっかりになってしまいましたが、これからも、毎回の練習で自分なりに振り返って、次回に向けての目標を考えていきたいと思います。
そしてそして、チラシもいただきました。いろんな人に渡していきたいと思います。
また、来月からは私にとって初めての強化練習もあります。ドッキドキですが、たくさんのことを吸収していきたいと思います。

では、来週の練習もよろしくお願いします(^-^)