2015年06月の記事 (1/1)

6月20日

6月20日は大坪先生による楽典講座、風之舞、飛天の舞の合奏練習でした。
大坪先生の楽典講座では、4和音とテンションについて教えて頂きました。一番最初に驚いたことは、キラキラ星がこんなにオシャレになるのか!ということです。
合奏をしていく上で、自分が担当する音の立ち位置を考えて吹けるようになろうと思いました。
大坪先生、お忙しい中ありがとうございました!

その後は風之舞。
譜面的にはある種、練習曲のようなリズムが連なるこの曲ですが、その一つ一つの音を着実に吹くことが簡単なようでむずかしい…
また、田内さんは「リーダーとなる人になりきって吹く!」ということを何度もおっしゃってました。今後の練習でも意識して吹いていきたいと思います。

飛天の舞は、譜面を追うことに必死…。頭の中では拍子は分かっているのですが、いざ吹くとなるとなかなか上手にいきません(T_T)
練習あるのみだなと痛感しました。

最後になりましたが…
5月に入団しました、川瀬と申します。見学の時から皆さんにはよくしていただいてて。ほんとうにありがとうございます。頑張っていきたいと思っています、よろしくお願いします!

来週は稲垣先生の強化練習です。
この一週間で今まで言われたことをたくさん復習しておきたいとおもいます。頑張りましょう!

以上、clの川瀬でした!
スポンサーサイト

6月6日(土)

6月6日の練習は、楓葉の舞、ぐるりよざ1・3楽章、そして音教の通し練でした。
強化練習後初の合奏でしたので、皆様それぞれの課題を意識して練習に臨まれたことと思います。
本番で良い音楽を奏でられるよう、一つずつ課題を克服していきましょう。

そして来週は音教本番ですね。多くのお客様がいらっしゃるようでドキドキしています。
「楽しかった」だけでなく、「吹奏楽っていいな」と言っていただけるような演奏ができたらと思います。
特に「風の舞」は定期に向けて練習してきた曲でもありますから、今の名東ウインドの実力を存分に発揮しましょう!
そのために、岡田先生が前の合奏でおっしゃっていたことをもう一度確認しておくとよいかと思います。

それでは、次回本番がんばりましょう!Fl.小林でした。

5/31(日)第1回強化練習

5/31は本番の指揮者である稲垣先生にお越しいただき、第1回目の強化練習を行いました。

11350617_823423201026359_4040926583119142722_n.jpg
(芸文中リハ室にて)

エキストラの方にも多数お越し頂き、「おりん」×3個、魚板、和太鼓などなどマニアックな打楽器も揃え、本番に近い形での練習。本番までに稲垣先生にお越しいただけるのは今回を含め3回のみ。限られた練習時間の中でなんとか目指す形を共有すべく、なんと ほぼぶっ通しの7時間魂を抜かれました

楓葉の舞 → 飛天の舞 → ぐるりよざ1~3楽章が終わったところでタイムアウト
あっという間でもありました。集中力とスタミナをなんとか持続させて、少しでも要求にこたえたい、イメージに近づきたい、という皆の想いを感じた気がします。

また、体調不良でやむ無く欠席の1名を除いて、遅刻も早退も無く団員全員がフル参加だったこと、そして打楽器運搬や準備に多くの人が相当な労力と時間を割いてくれたことに、感謝。
趣味で集まった団体で、皆が同じ目標に向かい、ベクトルやモチベーションを合わせ協力し合うことは意外と容易ではありません。(こういった空気を作ってくれている岡田先生や稲垣先生にももちろん大きな感謝です。)
まあまあな中年になっても、こういった環境に恵まれて、有難いことだなぁ・・とあらためて感じた次第です...

な~んて、感傷に浸ってばかりもいられません
出された課題は山積み。個人的にも足りない物をたくさん実感しました。
(このあと当日の録音を聴いてさらに落ち込むことになるでしょう・・・)
次回の強化練習までにできる限り片付けて、良い形で本番を迎えたいと思います!!

ぜひぜひ聴きにいらして下さい!!
第17回定期演奏会
8/23(日)15:30開演
長久手文化の家 森のホール




Cl前野でした