FC2ブログ

2015年05月の記事 (1/1)

5月16日(土)

本日の練習内容は
・基礎合奏
・音楽教室の曲
・飛天の舞
・分奏
でした。

音楽教室の曲
どの曲も演奏していて楽しいですね!
しかし、楽しいばかりで曲のなかの自分の立ち位置を忘れてしまってはいけません。。
メロディーをしっかり引きたててあげると、聴いている人にも楽しい演奏になるのではないでしょうか。

飛天の舞
やはりこの曲は修行あるのみなのでしょうか。
特に、今日の合奏でも取りあげられたリズムの部分。
ゆっくりのテンポから確実に練習する必要があるようです。
ここの16分休符は要チェックですね!
私もメトロノームと仲よく練習しようと思います。

分奏
金管+木低は引きつづき飛天の舞だったそうです。
木管はぐるりよざ、楓葉の舞でした。
・ぐるりよざ
この曲は、スピード感と響きの使いわけが非常に重要だと感じました。
音形をコンミスに合わせることで、それらがさらに明確になるのではないでしょうか。
あとは、各パートの1番、2番、3番の音量バランスに注意です!
・楓葉の舞
冒頭のクラリネットのソロ。。いつもドキドキです。
さて今日の合奏では、デクレシェンドと音が集合する部分に注目しました。
デクレシェンドが早すぎるとアゴーギグがつけられません。
また、メロディーに合わせて行うことで一体感が生まれたように感じました。
楽譜にかじりつきすぎずルックアップ!して、音が集合する箇所を大切にしたいですね。

以上、今回はじめてブログを書かせていただきましたクラリネットパートの大森でした。
明日のヴィオラ特集の録画はばっちりです(^-^)(^-^)
スポンサーサイト

5月9日(土)

初めまして
打楽器の石井です。

土曜日は尾張旭市民会館の練習室で名東の日の練習と岡田先生の合奏でした。
岡田先生の合奏ではディズニーファンティリュージョン、ぐるりよざ、風の舞をやりました。
ディズニーは拍子がコロコロ変わるので落ちないようについていくので精一杯でした…
どの曲でもですがテンポがはやくなると
テンポと一緒にテンションも上がってしまってまわりが聞けないので気をつけたいと思いました

ちなみに今日が名東の日の本番でした
このバンドでの本番は初めてだったので緊張しましたが楽しかったです(*^^*)
ただ自分でもまだ練習不足に感じるところがあったのでこれから一回一回の練習を大事にしたいです。