2014年11月の記事 (1/1)

隊長です

大将です。

最近練習にイケテイナイ状態でブログを書くという事は真実は一つ

「本当にすみません」

前置きはさて置き、本日の練習はアナ雪で歌と初顔合わせでした。
初物は弱く、あっさり寄り切られました。
自分の楽譜を暗譜するのはあたしまえ、指揮に合わせるのはあたしゃまえ、あたしゃねー。
歌い手の表情•息遣いに合わせて雰囲気作りをしながら‥と口も頭も口頭パンクでした。
そしてオペラ座の時は口頭ジ•エンドでした。

要するに自分の楽譜を吹けてても、指揮を見てても、そこに何の音があって自分の音が何の為にあって、どういう役割なのかを把握出来ていないと、一つも面白くないと感じた。
そきて楽器吹くのだけが練習やなくて、移動中に音源聞いたりとやれる事はまだあるし、自分の近くには岡田先生をはじめアドバイス頂ける方が周りにいっぱいいるのでこいつアホちゃうか思われるかもとプライドが邪魔して聞けないとか恥ずかしくて聞けないとかほんま勿体無いし、もっと団内で奏者からの質問とか出易いような雰囲気が大切で、その為には奏者は自分はこういう意図でこう吹きたいんだという態度を示さないといけないなと。

という訳でとにかく残り一ヶ月頑張りましょう!(強引)

※アンサンブルの皆さん、思ひで身も心もポロポロでほんとすみませんでした‥(思ひでがないくらい口頭パンクでした)
スポンサーサイト

11月22日練習

今回は岡田先生の指揮で
・服部良一メドレー
・キャンディード
・オペラ座
・海の男たちの歌
・アンコール曲
全5曲を合奏しました♪

どの曲もアクセントや発音が曖昧だったりタイミングがずれたりして
先生の方からご指摘を受けました...
指摘を受けた後にもう一度同じところをやると
少し意識するだけで縦の線がそろいインパクトも強くなって良くなりましたが、
逆に言えばその少しの意識を初めからしていれば注意されなかったのでは
ないかという部分もいくつかあったので今後気をつけたいと思いました。

他のパートとのつながりやバランスも先生から教えていただけたので
今回の合奏で取ったメモを読み返して、次回は同じ事ではなく
今回よりもレベルの高い事を教えてもらえるよう頑張りたいです。

演奏会まで残り一ヶ月ちょっとしかないので効率の良い練習をして
本番でお客様に凄いと思ってもらえる演奏がしたいと思います!!!

以上、
最近寒くて手が冷えて指回しが大変なので、そろそろカイロを出そうと思っているTP奥村でした。

11月15日練習

今回は関矢さんの指揮で、
・服部良一メドレー
・アンコール
・オペラ座の怪人
・海の男たちの歌
の合奏をしました。

服部良一さんの「東京ブギウギ」は原曲を知らないのですが、ビールのCMで使われているため、わたしの中ではそちらのイメージがかなり強く、合奏中もCMで使われている替え歌が頭から離れませんでした…

アンコール曲はアクセントの位置、テンポ感など、テキトーになってしまっているところが多々ありました。この曲はアンコールで演奏会のシメの曲になるので、それにふさわしい曲にしていきたいです。

オペラ座の怪人はちゃんと指揮を見ていないといけないところがたくさんあるので、楽譜に食らいつきすぎず、指揮を見る余裕を持たなければならないと思いました。合奏を重ねて曲の構造もだいぶわかってきたので、他パートの動きをもっと意識できるようにしたいです。特にオペラ座はほとんどのお客様がご存知だと思うので、がっかりされてしまうことがないように、オペラ座の怪人の世界観をしっかり表現できるように頑張ります。

海の男たちの歌はどこをしっかり出してどこを抑えるべきなのかをもっと考える必要があると思いました。特にクレッシェンドがあるときにどれだけ大きくするのかをちゃんと理解して演奏していきたいです。

今回の練習では打楽器も入り、いつもは無い音がたくさん聞こえてきてとても新鮮でした。

どの曲も途中までしか合奏が進まなかったので、次はもっとたくさんのことを合奏の中で確認できるように、今までやってきたことをしっかり復習しておきたいと思います。

最近急に寒くなり、冬のような気温の日々が続いていますね。
体調管理をしっかりして、これからやってくる冬に備えましょう。

トロンボーンパートの大野でした。

11月8日練習

お疲れ様です。渋谷@Hrです。めっきり寒くなりましたね。土日に羽目を外して風邪をひいてしまいました。皆さんも体調管理には十分気をつけて下さい。

土曜日は関矢さんの指揮でアンコール曲、キャンディード、海男というヘビー級三連発の合奏でした。

毎回同じような場所が指摘されているようです。楽譜が配られて随分経ち、曲への習熟度が上がっているはずなので、指が回らないというよりは個人個人が持っているクセなのだと思います。クセなので、今までと同じやり方の延長上には答えがありません。良いやり方に変えて、しつこく練習する必要があります。

クセというのは自分ではなかなか気付けない物です。レッスンについている人は先生からアドバイスがあるでしょうが、それ以外には鏡を見ながら練習したり、練習を録音して聴いてみるのも有効ですね。

本番まで2ヶ月を切りましたが、急がば回れで、自分のクセと向き合う事でまた一つレベルアップできるんじゃないかと思います。

11月1日 練習

11月1日の練習は

・基礎合奏
・関矢さん 海の男たちの歌・キャンディードの合奏
・岡田先生 海の男たちの歌・キャンディード・オペラ座の怪人・アナと雪の女王の合奏

でした。

最近の基礎合奏では和声をリレー形式(?)でやっていますね。各声部ごとに前後の方へ音程の引き継ぎ・受け渡しに注意しながら演奏すると良いかと思いました。

今日の練習は沢山の方がいらっしゃったので、特に音量バランスに注意して合奏を行いました。打楽器なども含めた、自分のポジションを知る良い機会だったと思います。

キャンディードでは音の処理についての注意。それから同パートでの音色についても。個人的には各フレーズの意識の切り替えに注意しました。前の部分を引きずって吹いてしまうことがあるので、これは今後の課題です。

海の男たちの歌では、アーティキュレーションのお話がありました。これもフレーズを意識したことなので再確認しておこうと思いました。


11月に入り、めいとう音楽会2014まで2ヶ月切りましたね。寒くなってきたので体調管理には気をつけましょう。

サックスパートの岩田でした。