2014年05月の記事 (1/1)

5/24 合奏

フルートの林です。
通勤中に更新していますが、
豊田に着くまでに、無事、ブログの更新が終わるか少し不安です。。

さて、強化合宿まで残り2週間、本番まで1ヶ月半ということで、
個人的に色々課題があり、危機感を募らせています。


自分では、結構練習したつもりのところでも、
合奏になるとできなかったり。。
すごく悔しいのですが、そういうところって結局練習がまだ足りないか、
練習の方法が悪いかなんだと思います。

練習の方法を変えるという意味では、
パート練習するというのも有効だと思いました。
最近、トランペットパートがパート練習をよくやられていますが、
先日フルートパートもパート練習をやりました。

5/24の練習は、パート練習をやってから初めての合奏になったのですが、
練習した部分は、格段に吹きやすくなったと感じました!

本番までに、どんなに細かい16分や32分音符もかっちりと揃えたいと思いますが、
残念ながら、合奏でいきなり揃えられる技量は、私にはありません。

個人的に指が回っていないところは個人練しつつ、合奏前とかに、パートで合わせみたいと思います!


ミーティングの最後に岡田先生も言われていましたが、
やらされて吹くのは、本当につまんないと思います。
いい音楽を作るために自分はどう吹きたいのか、考えながら、練習をしていきたいです!

なんとか、会社に着くまでに書き上げられました。
よかった。

では、この辺で。

林でした。
スポンサーサイト

5月17日セクション&合奏

こんちは
Tpおくむらデス
みなさん週末いかがお過ごしでしょうか?
Bしぶお誕生日会参加された方お疲れ様でした。楽しかったデスね( ̄▽ ̄)

さて先日の練習では
笑顔の目の奥が怖いT内氏による
午後木管分奏、夕方合奏、夜金管分奏でしたね
合奏、金管分奏ではキャッツのスキャット、トッカータとパリスケ4楽章(だよね?)をやりました。
練習全体通してT内氏も言われていましたが、特に金管は個人•パート練習でやるべき内容が多かったように思いました。

なかなかみなさん忙しいと思いますが、
個人練習どのようにされているでしょうか?

今回の曲は(も?)細かいパッセージも多く、指と息とタンギングがうまく合わない、スラー、スタッカートなどの吹きわけがきちんとできていないという人も多いと思います。

近所迷惑で楽器吹けませんって人でも
メトロノームに合わせて音鳴らさず息だけでやるのも良いと思います。
まずは楽器出してみましょう( ´ ▽ ` )

メトロノーム出すのめんどくさいしうるさいし…
って人にはスマホのアプリいろいろあるのでオススメです
本物買うよりはるかに安い値段で高性能なものがゲットできます。
音量調整もできるし、
スマホは出すのめんどくさくないでしょ?

本番までまだ1ヶ月あります。
できることをコツコツ頑張りましょう!
─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ

駄文失礼しました(._.)

5/10(土)強化練習

いまだに「スマホ」化していないケータイユーザー、Hrパート田内です。
すいそうがく・マニア・ホルンプレイヤー、略して「スマホ」化はしております。


さて今回は首席指揮者の稲垣先生をお迎えして強化練習を行いました。

前回の強化練習から短期間でのレッスンなので、まだ憶えていて対応できた部分と
まだ消化しきれていなかった部分の両面が出たのではないでしょうか。

今回のプログラムではどの曲も多楽章形式であり、全体の曲想・楽章ごとの曲想
それぞれをお客様に楽しんでもらえるかが重要になってくると思います。
曲・楽章に合わせた音質・音型がイメージでき、それが音として出せているか。
次回レッスンである合宿まで、時間はあります

指摘を受けた部分をスペースに書き込むなどの、イメージを定着させる工夫と、
意図した音がしっかり鳴るように、技術的なトレーニングを行っていきましょう。


GW中に名東区の音楽スタジオ“Juke Box”さんで個人練された方、
自主的に予定を合わせてパート練を行ったり、熱心に練習をされた方々もいます。
やはりその差はしっかりと出ていたと思います。私も見習わなくては。
稲垣先生からのお話にも出ていましたが、

団員一人一人が「音楽家」になり、
名東ウインドにしか出せないサウンドをつくる。

もちろんホームページ上の建前でも、単なる標語でもありません!!
ここからの練習では、「一人一人」から「パート・ユニット」へとステップアップし、
演奏会ではしっかりと「名東ウインド」のサウンドを届けましょう。


4月26日(土)合奏♪

初めまして!
Hrの柳川です(*´ω`*)
皆様ゴールデンウイークはいかがお過ごしでしょうか?
きっとたくさん遊んで、たくさん練習しているのだろうと羨ましく思いながら、私はもれなく毎日仕事をしています…


4/26(土)は交響曲3楽章とパリのスケッチ終楽章の合奏でしたね♪

私も練習する時は、ついつい曲の最初から始めてしまうのですが…
やっぱり皆さんも同じように、最後の方まで練習が行き届いてないな、と今回の練習で特に感じたのではないかなと思います(*_*)

回数が限られてしまう合奏なので、できていない箇所を指摘される合奏じゃなく、自分1人の練習では気づけないような演奏方法や音楽的解釈のアドバイスを頂ける質の高い合奏を目指していけたらいいなと思いました。

主席指揮者として稲垣先生に来ていただいたり、岡田先生にトレーニングしていただいたり…名東ウインドオーケストラは恵まれた環境だなと思います。
正直他の団体のことはよくわかりませんが、私は名東ウインドオーケストラなら、みんなといい合奏をするためにもっと練習して上手くならなきゃと思うことができる…そう思えたので家から遠いこの団体に入りました!そして入団して良かったなと思ってます!

関谷さんがメールでお話してくださったように、稲垣先生の言う《今まで以上に突っ込んだ合奏》にするためにもっともっと個人練習をしないとですね。私も言ってるだけにならないようしっかり練習します!

あと、ピアノを教えてる生徒によくあることですが…ここが弾けてないから、こうやって弾いてねと指摘するとただただ何度も繰り返して練習した気になる…これは時間と体力の無駄だと思います。
皆さん忙しい中練習されてると思うので、自分の吹けない所はどこか、どうして吹けないのか、どうやって吹いた時に上手くいったのか、1回1回必ず考えながら丁寧に練習した方がいいと思います。できてないのが私だけだったらすみません…(*_*)
その具体的な練習方法は、岡田先生が教えてくださった、タイの音を吹いたり、音を増やしたり減らしたりしながらしっかり拍に合わせる練習をする…ということだったりすると思います。

私は吹奏楽についてはよくわからないですが、やっぱりそれぞれ苦手な音の跳躍やリズムがあるのではないでしょうか?それをまずは見つけて、それを克服するための練習方法を、誰かに教えてもらったりしながら見つけて、効率よく練習できるといいですね!

せっかくたくさんの人で集まってひとつの音楽を創り上げるので、早く自分でいっぱいいっぱいな状態から抜け出して、みんなで息や音色を合わせて演奏する“合奏“ができるといいなと思います(*´ω`*)


以上ですー!
無駄に長くなってすみません…
素晴らしい演奏ができるように、皆さんと一緒に頑張っていけたらなと思っています!
よろしくお願いします♡