FC2ブログ

2013年10月の記事 (1/1)

10月26日(土)合奏

26日は岡田先生による合奏でした。
小生、最近合奏に参加する時に特に気を使うようにしていることがあります。周りにアンテナを張って合わせるということです。あまりにも初歩的なことなので、久々に書くことになったこのブログに書くことにも若干の躊躇いを感じずにはいられないのですが、敢えて書きます。
学生時代は「合わせられない」=「吹けてない」みたいな空気があり、1年生のときはこれを窮屈と感じることもあったのですが、合奏回数を重ねることで「あのパートがこう吹いているんだから、こう吹いた方がいいよね」とか、合奏することの楽しさを感じるようになっていました。しかし、社会人になり楽器に触れる時間がほとんどなくなった今では、譜面をなぞることに必死で周りにアンテナを張ることまで気を使うことが出来なくなってしまっていました。
なんとなく"これはヤバいぞ"ということで意識をするようになった矢先の26日の合奏で、岡田先生から決定的な指摘がありました。「フィンランディア」の冒頭でユーフォニアムはカゲ譜吹くことになったのですが、それは他の金管の響きの触媒的役割を担うと言われました。こんな指摘を受けてしまっては、好き勝手に吹くことなんて絶対に出来ないと思いました。
しかし、よくよく考えてみると、合奏は本来そういうことを確認し合う場であって、何か学生時代に楽しいと感じていたことにもう一度取り組んでみようと改めて思いました。

皆さん、あと1.5ヶ月、頑張りましょう󾬄

関矢でしたm(__)m
スポンサーサイト

10月19日(土)練習

つい数日前まで半袖+素足で汗を流していたというのに、あっという間に冬支度を焦る気温の低さですね(>_<)
本番まで、体調には気をつけて健康で過ごしましょう(^-^)インフルエンザの予防接種もお早めに。


さて、10/19の練習ですが、当楽団B団員のOさんに依頼していた基礎合奏用オリジナルスケールがようやく途中まで(笑)出来上がり、いよいよ取り組む運びとなりました。
>Oさん、本当にありがとうございますm(__)m そしてつづきもお願いします(笑)

基礎練習を個人で確実にこなすことって、結構な精神力と時間が必要なので、曲をさらうことを優先にしてしまいがちな人が多いと思うけれど、実は基礎練習に割く時間を増やした方が効率が良かったりします。
頭では分かっていても、成果がでるまでに時間がかかる+成果がわかりにくいせいで、目先の課題を優先にしてしまう人が多い“名東ウインズ”を、どげんかせんといかん(←古っ)、どうにか底上げしなくては!ということで、団内指揮者の関矢さんや田内さん、コンミス、そして岡田先生たちはいつも頭を悩ませている(←本当です)わけですが、底上げプロジェクト(そんなのあったっけ?)の一貫として、このオリジナルスケールが導入されたのです。

昨日の帰りのミーティングで、コンミスが「今日の基礎合奏で、自分自身の悪いクセが見つかった」と言っていましたね。;やっぱり向上心のある人は何でも真摯に取り組んでいるんだと感心。
それぞれの貴重な時間を合わせて作った合奏時間を基礎合奏に割くのだから、そうやって自分自身の課題とか改善点を見つけるべく、ぜひ真剣に、とにかく集中して取り組みたいですね!!案外アルペジオなんかは難しかったりするので、余裕のある人は合奏前にまずはレガートでさらっておくのも良いかも。
もしかして半年後には“違う景色が見れるようになるかもしれません”(←バーしぶさんの日記より引用)



名東ウインドはここ数カ月で数名の新入団員を迎えました
親睦を深めるべく、10/25に名駅周辺で新入団員歓迎会を開催します。
休団中の方、また入団を検討している方、団員じゃないけど参加したい関係者の方、
も歓迎です (よね?幹事Iさん??)参加希望の方は早めにお声かけ下さい(^-^)

名東ウインドは練習にもレクリエーションにも、真剣に取り組んでいます(笑)
ちょっと名東ウインドのことが気になっている読者の方は、ぜひ一度見学にお越し下さいませ(^ω^)

10月5日 合奏

おはようございます!
本番が重なって色々と焦っているJK岩田です!!笑

とてつもなく国語力がないため、漢字が間違っていたり、日本語がおかしいところがあるかもしれない上に、何だかすごく長文になってしましましたが、どうかご容赦くださいm(__)m
時間のない方は適当に飛ばし読みしてください(^^;


5日は
クリスマスディスコキャロル
誰も寝てはならぬ
フィンランディア
ルパン三世のテーマ
の合奏をしました。

全曲は無理ですが、思ったことを少しかかせていただきます!!

・誰も寝てはならぬ
この曲は音の入りやリリースを合わせるのが難しいですね。
隣の人(トップ)とブレスをあわせたり、隣の人が息を吸ったりしている「気配」を感じながら吹くともっとあわせやすくなると思います。
私もできていないのではやく合わせられるように頑張ります(^^;

・ルパン
この曲は、今日やった他の三曲とは吹きかたが全く違うのでしっかり気持ちを切り替えてから吹かないといけませんね。

私は昨年部活の定期演奏会やったのですが、その際にレッスンでサックスの先生に教えていただいたコツを少しお話しさせていただきたいと思います(^^)

CやFでEuphなどがやっている、付点四分音符+八分音符+二分休符……のリズムのところですが、ドゥーダッ ドゥーダッ という感じで吹くと、音がぬけにくくなるそうです。

それから、Gの2小節目の3・4拍目からのところは、タラッター ティラッター と吹くとスタッカートのついてる音符が短く(…というか軽すぎに)なってしまうので、ドゥダッダー ディダッダー という感じに吹くといいそうです。

はい。はっきり覚えているのはこれくらいでした(汗)

ただ、本番で指揮を振ってくださるのは岡田先生なので、これはあくまでも1つの意見として捉えてほしいです(^-^;

……それでは、真面目ちゃんはここまでにして笑


めいとう音楽会まであと2ヶ月ちょっとです!!
自分達もお客さんもみんなが楽しめる演奏会になるように頑張りましょう♪


演奏会のお知らせです♪
1月19日(日)に豊田で、ラデク・バボラークというホルンの神童といわれている方の演奏会があります!!
これはホルン以外のかたも是非聴きにいくべきだとおもいますよ!!!
日時などの詳細は、FacebookとTwitterにあげますね!
(あ、Twitterは私をフォローしてくださっている方しか見れないです…)


どなたか、バボラーク一緒に行きましょ!!!