FC2ブログ

2012年04月の記事 (1/1)

4月28日(土)

この日は、ドラマーの丹菊さんをお迎えして
「めいとうの日」依頼演奏の曲を練習しました。

・マルマルモリモリ!
・AKB48コレクション
・マンボNo.5
・わがまち名東

丹菊さんは、楽団創設当初から名東ウインドがお世話になっているプロのドラマーなんですが。今回また、ご縁あって協力していただけることになりました

先日の定期演奏会ではクラシックのみを演奏した名東ウインド。
久しぶりのポップスを堪能しました(*^^*)

とにかく楽しいポップスですが、勢いだけで吹いてしまうのは
・タテを合わせること
・メロディーが引き立つ演奏
を心がけてください。
丹菊さんのドラムをよく聴いて、全員で息の合った演奏をしましょう!

また、この日は見学の方が3名来てくれました♪
定期演奏会では、多くのエキストラに助けられました。
団員が増えて、ますます充実した楽団になるといいですね

この春から副団長になった、バリトンサックスの羽根田でした。
スポンサーサイト

ご来場ありがとうございました。

昨日、4月8日(日)に尾張旭市文化会館に於いて開催しました第14回定期演奏会は、お陰様を持ちまして無事盛会のうちに終了することができました。
ご多忙の中、会場まで足をお運びいただきましたお客様に心より御礼申し上げます。
また、数多くの祝電や花束を頂戴いたしました。
ここに厚く御礼を申し上げるとともに、これからも皆様に愛される吹奏楽団を目指して、団員一同練習に励んで参ります。
今後とも、ご指導の程宜しくお願い申し上げます。

名東ウインドオーケストラ楽団長
横田 渉

第14回定期演奏会

いよいよ今日本番!
いくぞーっ!!

関矢でした。

3月31日(土)

この日は、岡田先生のご指導で定期演奏会の全曲について最終チェックをしました。
特にアイリッシュチューンでは、バンドの「アンサンブル」技術向上を目的として敢えて指揮をせずにプレイヤーだけで合わせてみました。誰がメロディーを持っていてどう演奏しているのかを全プレイヤーが感じ取って「アンサンブル」をする。とても高度な練習でしたが、本番を1週間後に控えて、名東ウインドのメンバーができるパフォーマンスを最大限に引き上げる練習として充実したものになりました。その後で指揮をしての合奏しましたが、なんと合わせやすいこと!とてもスッキリした演奏が出来たような気がしました。
昨年の秋頃からブログを書いていますが、名東ウインドに足りないもののひとつに合奏能力があると感じ、その事をテーマにすることもあったのですが、なかなか上手く伝えることが出来ませんでした。もちろんこの日の合奏だけで合奏技術が身に付くことは難しいですが、よいキッカケになると思いました。
今週末はいよいよ本番。あっという間の半年間でしたが、とてもよい準備をしてくることが出来たのではないかと思います。さらに今度の本番はこの半年間だけの成果を出す舞台ではなく3年間のまとめという意味合いもあり、名東ウインドにとって重要な舞台です。
精一杯いい演奏をしましょう!!!

関矢でした。