FC2ブログ

2011年06月の記事 (1/1)

6月18日(土)

更新が大変遅くなりすみません!
本日はパーカッションひぐが担当します!

先週、岡田先生からお達しがあった通り6時半~からの合奏でした♪

◎ドラクエ後半
メリハリと緊迫感が必要!戦いでラスボスを倒さねば!
今日は金管セクション、木管セクションでおさらいしました。
パートごとで、きっちりタテを揃えて、練習していきましょう!
このままではボスたおせない!?

◎タイタニック
ソリストオンパレードな曲でした。
ソロ以外はすかすか~ぐらい小さくていいとの指示でした。
楽譜通りの強弱記号では、ドラムばっかりになってしまいそうで、
相当シビアにテンポキープしないと死にそうですX-<
久しぶりにドラム叩くと足がつりそうになりました汗
本番はスペシャルゲストにちくわ吹きが登場するかもです。
楽しみ~

◎ヤマト
岡田先生が国歌とおっしゃるお馴染みの曲!
私、本番ティンパニなんですが、こそっとお休みの子のトライアングルとシンバルを
代打しようとしたんです。
しかし私トライアングル、ミュートがうまくかからんくて、先に出ちゃいました。ほんとテンパりました。
みなさまごめんなさいm(__)m
こそっとのつもりが大きく出てしまいました(*_*)

全体については、一曲目と二曲目のつなぎはできるだけ短くする。
ぐらいしかテンパりすぎて、覚えてないです!すんません!

6時半~の合奏は充実ですごく有意義でした。
次回はいよいよラプソディーです!

次回も6時半~がんばっていきましょう!
[ 続きを読む » ]
スポンサーサイト

6月8日、6月11日

大変遅くなりましたが、関矢が担当させていただきます。

6/8/2011(水)

岡田先生によるドラゴンクエストの合奏でした。
練習後、「合奏中、各パートの音量バランスがピッタリ合うことがあって、名東はそ
の回数が少しずつ増えてきた。これが頻繁になればいいんだけどなぁ」的なことを岡
田先生が仰っていました。
少しずつだけどいい方向に向かっていっている証拠なのだと思います。偶然でなく、
意識して出来るようになるにはまだ練習を積まなければなりませんが、早くコツを掴
めるようになりたいものです。

6/11/2011(土)

田内さん、関矢の指揮での初見大会でした。
知っている曲が沢山盛り込まれておりますが、調の展開があまりにも早すぎるので大
変です。”でも、知っている曲なのでちょっと練習すればOKっしょ!”と考えがちで
すが、そこには大きな落とし穴があったりもします。それは聞いたままを吹いてしま
うことです。
今回演奏する曲のオリジナルは歌謡曲であったり、TV番組やゲームのBGMです。それ
を吹奏楽の譜面におこしたときには当然リズムやアーティキュレーションのズレも生
じるでしょうし、人によって聞き取ったリズムやアーティキュレーションが異なって
いる場合もあります。そんな勢いで合奏に入るとエラいことになってしまいます。し
かし、楽譜に書かれているリズムやアーティキュレーションは一つしかないので、皆
がそれに忠実になれば出てくる音も統一されたものになるはずです。岡田先生の言
う”デモ演奏をあまり聴かない”という理由のひとつにこれがあると思います。
譜面をもらった今のうちに譜面をよく見直して、抜け出せない迷宮に入り込んでしま
う前に少しでも早く曲(楽譜)に慣れるよう頑張りましょう。

6月4日(土)

名東ブログチーム クラリネットのmomoです。

今回の練習は関谷さんの指揮で、
「オズの魔法使い」、「パイレーツオブカリビアン」、「ラプソディーインブルー」の3曲。

・「オズの魔法使い」は曲の頭からスタート。要所をチェックしつつ通し。
・「パイレーツオブカリビアン」は後半の121番からスタート。その後全曲。
・「ラプソディーインブルー」は終盤の426番からスタート。その後頭から。

各曲、合奏も数回過ぎたので、みんな曲に慣れて来た感じが出て来てます。
特に顕著なのは「パイレーツ~」!明らかに「曲知ってるな~」なんて音がします。
譜面に書いてないのに、指揮も特に指示してないのに、accelやcreseかかるところは、
最前列で演奏していて、ニヤッとすることがあります(笑)

確かに「パイレーツ~」は映画やサントラを借りて聞くのが有効だと思います。
特にスタッカートのニュアンスは聞いた人と、そうでない人だとだいぶ違うと思います。
TSUTAYAでサントラレンタルできるのでお勧めです。熱い名曲ですよ。

さて、ちょっと話題を変えてリードのお話

クラリネットのみならず、リード楽器奏者にとってリードは永遠の課題だったりします。
音色もピッチもアーティギュレーションもリード次第なのは本当の話です。

厚いリードを使うと音は暴れにくくなりますが、音の立ち上がりが遅くなる可能性があってノイズも増える
自分ではジャストのつもりでも遅れるなんてことがあります。薄めのリードだとアタックは
やり易くなるけど、音色は細くなりがちでピッチもぶら下がる。適度なリードでブレスコントロールが
出来るのが真の上級者なんですよね。自分の師匠はリードノイズに厳しい方で、そんなリードで
レッスンを受けた瞬間に「今日はレッスンにならないね・・・」と言われて終了なんてこともありました。
さてさて、まだまだ楽器は上手くなりたいものですね。


5月29日(土)

こんにちわ!!

ブログ係に任命されましたパーカッションひぐが担当します!!かなり打楽器にかたよって書きますので悪しからず。

この日は、台風の影響で朝からざざぶりで本当に練習に行くのがおっくうになるようなお天気でした。

こういう日って、打楽器的には最悪のコンディションでスネアやトムの皮はのびのびで、ロールがすっごくやりにくいんです。
タンバリンとかはドライヤーで乾かしたりもするんです。
打楽器的も意外と繊細だったりするんです。

さて、合奏はいつもより早めの19時からスタートでした。
バンフェスの曲なので久々に名誉指揮者の指揮でした!

◎オズの魔法使い
この曲はポリスホィッスル、バードホィッスル、ナイチンゲールホイッスルなどたくさんの小物が駆使されていて、とっても打楽器は見所(聞き所??)満載です!
たくさんの笛の音色に耳を傾けてみてください。
あとシロフォンがとても軽快でかわいらしいので、つい聞きいってしまいます。
ソロがんばります(^-^;

◎バイレーツ
3連符がどうも難しいですね(汗)
リズム隊が崩れると大変なコトになるので、これからアンサンブルの練習も兼ねてがんばっていきたいです!

新譜が続々と配られパート割も難航しています!
がんばらねば!

では、また~!