FC2ブログ

2011年03月の記事 (1/2)

3月27日(日)

もうすぐはぁるですねぇ~
3月ももう終わりに近づき、ぽかぽかと暖かい時期になってきましたね
私が住んでいる藤が丘では今週末さくら祭りがあります。
4年前に初めてここに来て見たさくら並木は本当にきれいで、すぐにこの街が大好きになりました。
早く満開のさくらが見たいなぁ

それでは、練習のことについて書きます。
今回の練習は地球博で、田内さんの指揮による合奏でした。
午前中はパーカの猛特訓、午後からは全体で合奏をしました。
曲はキリストの2楽章とスパルタクスでした。
私あまり音楽的なことは書けないので、田内さんがおっしゃっていた全体に関することについて書こうと思います。

〈キリスト2楽章〉
今演奏している部分がどういう場面なのか、物語の流れを理解して演奏しましょう。
例えば暗い場面や明るい場面の雰囲気や音色を変えたりすることが大切です。
また、譜面に書いてある二重線も雰囲気が変わるところなので注意しましょう。

〈スパルタクス〉
全体でやっているとそのまま流れていってしまう部分もあるので、できると思っている部分でも、もう一度見直して、タンギングとか正確にできているかどうか確認するようにしましょう。
ちなみに私も今回の練習で「あれっ?」と思う部分がいくつかありました
本番までもう1か月を切ってしまったので、少しでも早く疑問点や「あれっ」と思う部分があれば解決するようにしましょう。(はい、頑張ります!)

その他細かい部分はパートごとでの確認をお願いします

まだまだ指が回らなかったり正確にリズムが取れていなかったりと課題はたくさんありますが、みなさんと最高の演奏ができるように頑張ります

次回の練習(今日ですね)は岡田先生による合奏です。
人数が集まらなくても、7時半からなんとか合奏をお願いしたいとのことだったので、できるだけ早く、1分でも早くみんながそろったらいいなぁと思います。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

3月23日(水)

遅くなってすみません。
3/23水曜日の練習内容です。
今回も集まりが悪い為、始まりが8時過ぎになりました。
岡田先生の合奏でセレモニアルマーチのトリオからやりました。

メロディーの8分が遅れないようにとゆうことと、
Gから、トランペット1stとクラリネット1stで、リズムを何度か合わせました。

その後、Lから16分が続くところを取り出して同じ動きが続くのでちゃんと噛み合うように16分を的確に強調して?吹きましょうとゆうことでした。

ブログ書くまで少し時間が経ってしまった為、
内容が細かくかけなくてすみません。

3月20日(日)の練習日記

昨日の練習は田内さんによる合奏でした。

 まずは「スパルタクス」を通しました。
田内さん「8割の人はできているけれど,2割の人はねぇ…。」私,残念ながら2割に入っています。
そして,後ろから順に返していきました。
 「S」から金管と木管低音のメロディー,なぜか今までほとんどつかまったことがないところですが,
この日,やはり「違っていたこと」が判明しました。「違うリズムでみんなが合っている」という超常現象を
起こしていました。そして,最後に再び通しました。

 次は「キリストの受難」の1楽章。
ppのところは個人の最小音量を出すが,まずはならすようにしましょうとのことでした。
また,聴かせどころはちゃんと浮き上がらせるようにと教えていただきました。

 最後の気力を振り絞って「キリストの受難」の2楽章。
三連符の頭は,別の物という意識で吹くようにとのことでした。
ゆっくりのテンポのところは,「出」が遅れるとどんどん遅くなるから,ブレスのタイミングを合わせるように。
PPは,表現豊かに。音の入りと終わりをそろえるようにということをご指摘いただきました。

 練習終了後の田内さんのお言葉
「細かいところを取り上げるとできているけれど,曲をつなげていくとねぇ…。曲の流れの中で成功率を上げて
 いきましょう。稲垣先生の練習では,全体の流れ,連続性の確認,周りとの関係を考えるようにしましょう。」

 まだまだメトロノームとにらめっこの練習が必要な私ですが,今,名東の合奏に仲間に入れていただけてとても
うれしいです。演奏会まで1か月,自分のできることを精一杯やっていきたいと思います。

 Tb:伊藤





3月16日

遅くなってすいません(´>人<`)
3月16日(水)の練習内容です。

16日は岡田先生の合奏でした!
曲は『セレモニアルマーチ』をやりました( ̄w ̄)

曲がだいぶスムーズに通るようになってきましたねv( ̄∇ ̄)
そして先生の要求も細かく難しいことが多くなってきました!
細かいアーティキュレーションの指示や吹き方など、練習を欠席された方はパートで確認お願いします。
あと、ここにきてアルトサックスのパート譜のミスが発見されました(´Д`。)
まだまだ他のパートにもミスはあるかもしれないので、今一度スコアを見て確認するといいと思います♪

この曲は名東ウインドに楽譜を借りて高校の卒業式でも演奏しましたが、やはり難しいですね。前半と後半のメリハリやら、バランスやら、アーティキュレーションやら・・・。
名東ウインドではできることも、高校の部活では全然できませんでした(泣)
名東ウインドは、個人のレベルがホントに高いなぁといつも感動してます!!


曲が通ることがゴールではなくて、その先どんどん難しいことに挑戦して名東ウインドの新記録を作っていこう!と、
岡田先生はおっしゃっていました(;≧∇≦)
まだまだ、個人でもやれることは多いはず!!1曲、1フレーズ、1音とこだわって突き詰めていきましょう☆
そして定期演奏会を成功させて美味しいお酒ジュースを飲みたいです(笑)

それではッ☆

テナサクの山崎でしたぁ!

3月13日

今日は稲垣先生にお越しいただいての強化練習でした。

場所は初めて利用する「地球市民交流センター」。
愛地球博記念公園の中にある施設です。
すべての打楽器を入れると本当に部屋が狭くて、ちょっと不自由でしたが、芝生の上でお弁当でも広げたくなるぽかぽか陽気の中、いつもと違う場所での練習は新鮮でした。


午前中、まずはカンタベリーコラール。
朝一番のカンタベリーは金管軍の体力を相当奪ったことと思います(笑)
この曲が名東ウインドの評価を左右すると言っても過言ではないシビアな曲。
死ぬ気で音の間をうめて、必死の集中力で吹いて下さいとのこと。
そして、次にスパルタクス。

午後からはアンコールとセレモニアルマーチ。
アンコールは編曲者の意向に沿って、アティキレーションは正確に。
セレモニアルはバロック的な要素を生かし、テーマの形が出てきたら八文音符はスタッカート。
すっきりと、スマートな演奏を。

夕方からはキリストの受難、これはほぼ通しだったので相当キツかったです。
40分の大曲、まだ一度もすべてを通したことがなかったので、良い経験だったかもしれません。

カンタベリー、セレモニアルマーチ、アンコールの3曲を稲垣先生に見ていただくのは今回が初めて。
ほかにもいろいろとご指示をいただきましたので、お休みした方はくれぐれもパート内で確認をお願いします。
出席した方も、もう一度楽譜を見直しておさらいしておいて下さいね



次回は3/16水、上社にて岡田先生の合奏です。
練習内容は未定。メンバー次第で決定します。